★月下美人★

日々の出来事・社会問題・映画・サブカル・歴史・遺跡・などなど…様々なジャンルについて♪♪♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンドルネーム占い

http://junkhunt.net/check/hn/
みつけたので思わずやってみた。

『紫月 聖』で。
そしたら『凶』恋愛運:C 健康運:C 成功運:B 金運:B

勝手に改名されて、
 
①『紫月聖。』だと、
恋愛運:C 健康運:A 成功運:A 金運:A 『中吉』

②『ペペロンチーノ紫月聖』
恋愛運:B 健康運:C 成功運:A 金運:B 『吉』

③『紫月聖軍曹』
恋愛運:C 健康運:C 成功運:C 金運:B 『大凶』

④『聖者紫月聖』
恋愛運:C 健康運:C 成功運:C 金運:C 『大凶』

⑤『かわいい紫月聖』
恋愛運:A 健康運:A 成功運:B 金運:A 『大吉』

⑥『紫月聖★やす』  
恋愛運:A 健康運:A 成功運:A 金運:A 『大吉』

その他もろもろ…

どれも微妙。⑥なんて『やす』って何?
④の聖者って…こんなHNは馬鹿でしょう(汗)
③の軍曹とか面白い!好み!!って思ってしまったけど、書き込む時とか面倒。。。

一番まだましなのが、せいぜい①の『。』つける位かなー。
でも、一応今使ってるHNも意味あるから、いちいち変えないけど。

けど、いろいろあるなーと思った。

あんまりこういうネタをピックアップしない方なんだけど、たまにはね★



スポンサーサイト

NHK海老沢問題


びっくりした~。

いやいや、びっくりの連続である。
やっと会長を辞任したかと思えば、また顧問になって、そしてまた辞退。
やっと辞めてくれたか。と、少しホッとするが、しかし、簡単に去るとは思えない海老沢氏。
また何か違う役職とか関連で登場するんじゃないのー?って、思わず疑ってしまう。

でも、会長が変わっても、根本的な体制は変わらないかな。
今まで積み上げた体質は変わらないよね、きっと…。

一番可哀想なのは、集金集めに行ってるおじさん達だと思う。
彼らは真面目に働いてるのに、集金に行けば文句を言われ…。

そういった真面目に働いてる人達の為にも、まともな会社になって欲しいものだ。


連合赤軍事件を読む年表

20050128210544.jpg


彩流社から出版されている椎野礼仁編。

私は、1960年、70年代の書物を沢山持っている。
読みあさっている。
勿論、よど号関連等の日本赤軍やあさま山荘事件等で有名な、連合赤軍の本も沢山ある。

この本は、いわゆる、その連赤の年表だ。
そう、単なる年表に過ぎない。

しかし、私がこの本の中で面白い(面白いというと語弊が生じるかもしれないが)と感じたのは、この本は6章からなっているが、その6章では、日本赤軍から連合赤軍に居た、事件の当事者(あさま山荘前に逮捕されていて、27年間獄中生活を送った)『植垣氏』のロングインタビューがされているのだ。
まあ、出所後は『朝まで生テレビ』に出演されたりしているので、珍しくもないかもしれないが。
それに加え、私は彼の出した書物も全て持っているので、内容に関しては、何も珍しくもないのだが…

ただ、ある時期に国を騒がした人物がメディア等に登場するのは、個人的には大歓迎だ。
なぜならば、彼らには責任があるから。
大犯罪を犯してる人って、発言を控える事(逃げている?)が多いように感じるので、彼のように表に出て当時の話をするのは、良い事なのではないかな?と私は思う。

今後も私は注目していこう… 

★カンフーハッスル★

20050127221922.jpg


まさに『ありえね~~』です、はい^^;

でも、私はとても好きだ。
こんな映画良いじゃない。

何から何までありえない。まさに宣伝通り。
ここまでくると素晴らしいんじゃない?

人が死ぬシーンって、私すぐ涙出るのだけど、この映画で3人死ぬんだけど、涙なんて出なかった。
死んでもすぐ生き返るような気さえした。

っていうかチャウ・シンチーかっこ良過ぎ。
何を隠そう私は彼が大好きなのだ。

また惚れ直してしまった…

土星の意味するもの

20050116235225.jpg


今読んでるのは、この本。
占星術をされる方や興味のある方にはオススメ。

ホロスコープの中にある自分の土星の意味するもの。
それらを詳しく書いてくれている。
今まで私も土星=凶星というイメージがぬぐえなかったが、少し見方が変わってきたかもしれない。

これで、また新たな読み取り方が出来そうな気がする。
(と、いっても、まだまだ勉強中の身ではあるが)



★生きる希望の持てる書です★ 月刊・松下村塾~吉田松陰~

20050122234911.jpg


毎月のお楽しみがある。

それは『月刊・松下村塾』という本を毎月買う事だ。
歴史好きにはたまらない。
それよりなにより、偉大なる『吉田松陰』大先生が大好きな人には、本当にたまらない一冊だ。

私もその一人。

大きい書店でも、置いてる店舗と置いてない店舗がある。
さすがにもう3冊出ているので(今月27日に4冊目が出る)、今は買う本屋も定まったし、そこで置いている場所もわかったから無難に買う事が出来るから問題ないが、過去1、2冊目の時は、毎回毎回定員さんに尋ね、しかも大体2、3人の定員間でボソボソと密かに話し合いが行なわれ、しばらく待たされる。(本屋の定員の若者よ!もっともっと歴史を勉強しなされ!本を沢山読みなされ!!と言いたい程…)

そのボソボソ言われながら待たされてる時が嫌なんだな、これが。

そんな話はさておき、この本は実に面白い。

吉田松陰の故郷・山口(萩)県が出版している。
オールページ吉田松陰なのだ。
松陰と弟子の話とか様々。
裏表紙とかにも松陰関係の写真が載っていたりして実に凝っている。
山口にある松下村塾の跡地(松陰神社とか)も、載っていたり。

私は東京・世田谷にある松陰神社(松下村塾のレプリカ等ある)には足を運んだ事はあるのだけれど、山口の本家にはまだ行った事がないので、是非行きたい。

幕末の高杉晋作・久坂玄瑞や、明治の時代に大いに貢献した伊藤博文、山県有朋など多くの弟子がいた。
彼らが後の世に名を残す程、偉大な人物になったのも、松陰という師匠が居たからだろう。

死んでも国を思う気持ちは残して欲しい、その思いを本に再現。

そして何より、私が松陰が好きだからというだけではなく、彼の事を学ぶと、きっと目の前が明るくなる!夢が広がる!!生きる勇気が湧く!!!やる気が出る!!!!事は、間違いない!!!!!

ほんと、必読です。
夢を見失ってる貴方に是非オススメです。

http://www.mediasion.co.jp/shokasonjyuku/


吉田松陰とは?
↓↓↓
※学問とは知識として学ぶだけではなく、そこから何を得るか、実践するか、という点を大事にされました。
身分に関係なく教育を望む者には、させてあげる。
そこで出来、大きくなったのが松下村塾。
牢獄中でも、皆で勉強しあいました。

※国交にもいち早く目を向け、勝手に船をこぎ、黒船のペリーに会いに行ったのも彼。破天荒なところがありました。

とにかく熱血な方だったのです。

今度はマトちゃん&くま天使ちゃん

20050121211010.jpg


本日もGETするのがなかなか難しい『*pocoham*』さんとこのハンドメイド品が到着。

『*pocoham*』さんとことは1年近くのお付き合い。ひと目見た時から大ファンになってしまい、それから新作が出るたびに。

どの作品も素敵で可愛い。そして何よりあったかい作品。
だからやめられない。

こんな作品を作りたいなと日々思う。
巨匠?(笑)私の中では、ほんと、巨匠です。

次回作が楽しみです。



http://pocoham.moo.jp/index.htm←*pocoham*さんとこ★

可愛いベアーちゃん

20050120223936.jpg


ハンドメイド物が大好きな私。
自分でも作ったりするが、なかなか上達しない…

先日、激しい争奪戦の末、なんとかGETした『あみぐるみ』のベアーちゃん。
とっても可愛い。
早速携帯につけてみた。




http://www.atelierrobin.com/index.htmRobinさんとこ。

やっとカレンダーを

20050119203347.jpg


2005年の部屋のカレンダーをまだ購入してなかったので、やっと購入。
イラストレーターの『すどうぴう』さんの可愛いカレンダー。
昨年は、大好きな『鳥肌実』のカレンダーを飾っていたが、今年は発売されていないので、こちらのカレンダーにした。

見ているだけで、ホッコリした気分になれる。

http://torihada.com/←鳥肌実大先生のHP

風邪に気をつけて


風邪の為、数日お休みします(多分)。

喉に咳に関節痛、熱。扁桃腺腫れてて痛過ぎ(涙)
今シーズン初で、本格的な風邪っぽい。
あー嫌だ。
でも、知人曰く、こんな時こそ『有難うございます。』っつって、感謝したりするそうな…。
嫌がれば嫌がる程、菌は喜ぶらしく、逆にこっちが喜んでると早く菌が去るそうな…。

もはや、喜ぶとかいう余力も、今の私にはない!
気が向いたらやってみよう。。。

※ちなみに表紙の写真は偉大なるチベット行者の『ミラレ-パ』なり。

阪神大震災~10年目~


もう10年を迎えたのか…阪神大震災。
そんなに月日が経った気がしないのは何故だろうか。
なんだか不思議。

我が家は木造で、隣近所から火が出ていたら一巻の終わりであった。が、幸い火事には至らなかったのは救いであった。
家もなんとか無事だった。瓦は吹き飛ばされ、雨漏りは酷いし、壁はひび割れは沢山あるしで、10年経った今も、実家は変わらず(雨漏りは直した)、次に大きいのがきたら、恐らく終わりだろうが、木造のボロ家だから仕方がないのかな…。

今でも鮮明に思い出す。10年前の今日の事を。

被災地にいた親戚も、皆、命は助かったのが本当に不思議である。
家をなくし、怪我までしたが、『人間は命あってのことだ。全てなくしても生きていたらそれで良いんだよ』と、諦めず、強気で語っていた親戚もいた。
人間は強いなと感じたが、せめて強気でいるようにしなければ、その状況でやっていけなかったからかもしれないと、今考えると思う。

10年前、1日中ラジオを聞き、情報を得ながら、何度も何度も涙したのを覚えている。
当時、私はまだ10代の子供だった。
今考えると、ボランティア等いくらでも行けたはずなのに、何もしに行かなかった自分がとても歯がゆい。

6千人以上の命が、この地震で消えた。
復興は果たしたが、この地震で得たものを今後に生かせているのだろうか。

人間は、いや日本人は、忘れやすい。
悲しみや苦しみの事を。それらをバネに努力した事を。

私も、今一度思い出し、そして考え、未来に生かしていきたい。

今、外は雨が降っている。
まるで弔いのようだ…



兜(かぶと)に、はまってます

20050116235943.jpg



兜に夢中になってしまい、先日この2冊を購入した。

なかなか詳しく様々な事がのってあるので、非常に満足。
しかし、個人的には鎧(ヨロイ)とか刀よりも、兜のみ扱っている本が欲しい。
兜・兜とうるさいが、とにかく兜の本が欲しいのだ。

そのような本にはまだ出合う事が出来ていないのだが、もっと探してみよう。

しかし、これらの本を読んでいると、いろんな事がよくわかる。

甲冑一体分につき、現代の家を一軒買える程の金額がかかるとか。
お金の話が好きな現代人には、なかなかはまる話ではないか?(とは言っても、この本を読みながらお金の話をやたらと好んでするような人間もあまり居ないであろう)

そんな下世話な話を書いてしまったが、日本の歴史の文化(?)の一つ
。時代劇等がお好きな方には、ひとつオススメである。

今年は大河ドラマも『義経』で、源平合戦。
鎧や兜も沢山出るであろう。(私は嬉しい)
このような本を見ながらドラマ等を見てみてはどうでしょう。(それはそれで怪しい)

写真も沢山載っていて、見やすい。


20050116235933.jpg

今年はムーンダイアリー


先日『2005年 ムーンダイアリー』を購入。

これは、いわゆる月の満ち欠けに基づくダイアリーである。
どういう活用法かというと、毎日の月の満ち欠け、今どの星座の影響が大きく出てるか、ボイドタイム(魔の時間帯ともよばれる時間の事)という時間を細かく載せていたりする。

メインは新月と満月の日を基準にして、新月に新たな目標・行動計画を立て、そして満月に、その計画を見直す。それを記入したりして、見つめ直し、繰り返していく。

非常にわかりやすくて便利だと、個人的には絶賛。

新月は一番パワーがみなぎる時。新たな一歩を踏み出せる時。
新月になって48時間以内に願い事を書くとかいうのもあるね。

私は願い事をいうより、努力目標を掲げる方が頑張れるタイプなので、ついつい肩肘を張ってしまいがちだが…。

個人的にはボイドタイムを一番気にするんだけども。
この時間内には、基本的に重要な行動は必ず避ける。
ミスをしてしまいがちな時間帯だから。
気をつけている。

とにかく、私はこの一冊が手放せない。
是非、オススメです。

ツキを呼ぶ魔法の言葉~五日市剛 著~ 御存知?


知人から不思議なルートでお借りした冊子『ツキを呼ぶ魔法の言葉』。

これは、五日市剛さんという方がお話したものを、別の方が是非、文章化したいと要望されて、その方ご自身でテープのおこされて、そこから広がり冊子化されたとのこと。

五日市氏自身は、工学博士らしい。

しかし、読めば読む程、興味が湧く。
こんな事あるんだーって思う事が続々と。

個人的には、やはりイスラエルのおばあさんとの出会い、小箱のお話が大のお気に入りである。

世の中、不思議な事があったりするが、それらは全て偶然ではなく、必然なんだなと思う。
起こっている事象全てが必然。
であるから、落ち込む事があったり、理不尽な事があったりしても、受け止める気持ちになるのかな。

だって、必然なのだから…

『ツイてる 
 感謝します

 ありがとうございます』

これは、五日市氏の言葉。ふふふ。

大人はどうでしょうね?

バンダイが子供に『会ってみたい歴史上の人物は?』とアンケートをとった結果が出た。

http://www.bandai.co.jp/kodomo/question113.html

私が最も尊敬している聖徳太子も入っている。
それはなんとも嬉しい事だ。
あれだけ偉大な方だから、入るのも当然といえば当然だが。

私も絶対に聖徳太子にお会いしたい!

聖徳太子は実在していないとかいう説もある位、神秘的な人だ。
しかし、私は絶対に実在していると信じている。
神だと思っている。(こんな発言は少し危険だけど)

何といっても、日本で法を最初に作った方。寺を作った方。そして、仏教を日本に取り入れた方である。

うーん。実に深遠だ。

タイムマシンなんてものがあれば、一番に会いに行きたい。



こんな事は無理ですか?

世界各国で異常気象が続いている。
次から次へと。

ニュースを見ていて本当に辛い。しかし、今後は単なる傍観者ではいられなくなるんだろう。
人間の世界がドンドン発展していくにつれ、自然は壊れていってしまう。

何故ここまで発展したものでなければ先進国は生きていく事が出来ないのであろうか。

先進国が、自分達の快適さを求めるが為に、その都度犠牲になっていくのは、まだまだ途上国の貧しい国、設備のない国、しかし一生懸命に生きている国々である。

今も災害にあっている地域では多くの苦難の中、一生懸命に生きている。それを我々特に日本人は、本当に傍観者的に見ている(勿論そうでない人もいるのはわかっているが)。
しかし、一体いつまで傍観者でいられるだろうか。

当事者になるのは、もう、すぐ目の前まできている…


※表題に付随している部分※

都会の人間は職業で使用する以外、車を持つのは禁止。
田舎の方は流石に車がないと動けないと思うので。
何故かというと、廃棄ガスは自然を駄目にしている一つの原因でもある。
従って、歩ける範囲・別の乗り物で動ける範囲では車は使用しない。
大体、都会でそんなに車が必要なのか!?
必要最低限で良いじゃないか?
電車だって、田舎と比べ物にならない程発展してるじゃないか。

日本人は贅沢するな!
そう自分に対しても戒めている…

一月・京都への旅

京都まで所用があり出向いた。
予定では、ブラブラするつもりが、
時間の配分がスムーズに進まず結局用事だけすまして
大人しく帰った…

京都へは、よく足を運ぶが、もっともっと行きたい所、
行ってない所が沢山あり、機会があれば早く京都を制覇したい。

そういえば、京都検定もいつか挑戦してみたいなー

本当は今日、伏見桃山城に、寄る予定だったのだが、残念(涙)

まぁ、明後日も京都に行くのだけどね。

岡山・湯原の旅

この連休を使い家族で岡山の温泉街、湯原に行って来た。
山の手だから雪が凄く積もっていて、雪が大好きな私は少々興奮ぎみ(笑)
露天風呂も良い感じだし、お湯はしっとり。お肌はスベスベに。思わずニンマリとニヤケ顔が止まらない。

温泉といえば、白骨温泉を思い浮かべてしまうが、別に温泉の主が変化してなかったら良いかな?と個人的に思う。
色をつけたりするくらいなら別にね。
聞けばサルモネラ菌等を防ぐ為に、塩素を入れたりする温泉も多いらしい。そういう所に比べると、体に害がないなら構わないかなと。
100%天然っていうのは、なかなか難しいだろうし。

話は脱線したが、とにかく良い所だった。
帰りに宿やお店が並んだ所を歩いていたが、段々と、こういった温泉街が廃れていくなーと感じながら寂しくも感じた。

もっともっと田舎の方を良い意味で活性化させたい。

ヨン様韓国入試に出る(苦笑)

『日本でのヨン様現象を分析せよ』(原文はもっと細かくてわかりにくい)と、韓国の入試問題に出たらしい。
なんとも韓国らしいといえば韓国らしい気もする(笑)

なんでも、健全な文化を享受してもらいたいという思いが背景にあっての事だとか。
しかし、こう言われる日本とは…
なんとも情けない気もする。
世界各国から馬鹿にされてるんだろうなー。
悲しいやら切ないやら。

とは言っても、それは正論である。
私もそう思う。
ここでも何度も書いてる気はするが、日韓の文化等が純粋に行き来して、お互いの国の良さをお互いが理解し、友好関係をもっともっと築いていってもらいたいと願っている一人である。

こんなに近い国なんだと、皆が実感してもらいたい。
そして、過去のマイナスな面を新たにプラスに変えて欲しい…

バーゲンの季節

今日、街に出たら(って、街って何やねん)、あー今は新春・バーゲンの時期やなーと思い、用事を進ませながら、ついでにブラブラ・ブラブラ。
一応、自分のお気に入りのお店の前もブラーリ通って…いやいや。しっかり見た(あわわ)。
けど、なんだかイマイチ。
しっくりくるものが無く、そのまま立ち去った。

白とかピンクとかの淡い色が大好きな私は、この時期の服が嫌。
だって、黒とかグレーとかシックな色が多いんですもの。
定番っていえば定番なので、当然ですがね。

だから、心が躍らない…残念ながらね。

そのままスゴスゴと帰りました。
でも、冬が一番好きなんだな~~

あけましておめでとうございます★

もうお正月三が日も終わり。
なんだか、あっという間です。
私も今年は帰省して家族とのんびり…と、言いたいところですが、親族で宴会や家族のお墓参り等で、結構バタバタしてました。

なかなか疲れたかも。

けれど、日本でいろいろな行事がありますが、『流石お正月!』って気がしますね。
当然といえば当然ですが。

しかし、私はまだ初詣に行ってません。早く行かねば。
でも、今年は新年早々『偽1万円札』が出回ったみたいですね。
全くバチアタリな人間がいるもんだ(怒)

今年は、もう少し穏やかな日本・世界である事を願います…★☆★
プロフィール

紫月 聖

  • Author:紫月 聖
  • ようこそいらっしゃいました★
    どうぞ、足跡をつけていって下さいね!
    ◎蟹座のA型◎

星占い

カレンダー(月別)

12 ≪│2005/01│≫ 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。