★月下美人★

日々の出来事・社会問題・映画・サブカル・歴史・遺跡・などなど…様々なジャンルについて♪♪♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良・室生の旅① ~女人高野・室生寺~

自然パワーが欲しくてウズウズ。
仏像に会いたくてウズウズ。
体調回復していないのに、少し遠出してしまいました
SANY00022222.jpg
今回の目的地は、奈良県宇陀市の室生地区。
女人高野で有名な『室生寺』。
昔、高野山では、女人禁制だったのに対し、
ここ室生寺は、女人も受け入れた事で女人高野と呼ばれています。
SANY00066666.jpg
なんと、生憎の変な天気。
現地に到着した途端、雨・雨・雨
私は傘を持ってなかった…
室生寺はとても山深い地にあり、余計にお天気が読めなかった。SANY00112222.jpg
室生口大野駅から、バスに乗り、ドンドン山の中に入っていきます。
うひょ~
こんな場所だったのねと、一度も来た事なかったので驚く。
昔は、このバスのルートは当然、歩き。
というか、聖域とされていたのです。
山や谷を越えて、昔の人は、この地を辿って行ったのね。
少し感慨深い気持ちになり、思いを馳せる…。
SANY00132222.jpg
素敵な赤と青の仁王様が出迎えてくれます
SANY0014222.jpg
桜のシーズンだけあり、混んでる!
雨の中、石段を登る。登る。SANY0015222.jpg
単純に、汚い池か(失礼)と思いきやよく見ると、
梵字型になってる池なのです。ユニーク。SANY001622.jpg
本殿の潅頂堂。国宝です。
ここから少し登ると、同じく国宝の五重塔。
屋外に建つ五重塔としては最少だそうです(笑)SANY0019222.jpg
石段は、雨で濡れると滑りやすいので、少々怖い。
足腰不自由なお年寄りが多かったので、心配です。
手すりも全くないので、ちょっと怖いかも~。SANY0020222.jpg
小さくても、とっても立派。
なんとも神聖な土地。
今日も、心清らかになりました(笑)

この地に感謝しながら、次に向かいます。

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

懐かしい~

紫月 聖さん、こんにちは^^

室生は大学時代の友人が住んでいて、当時彼のご両親が寺前で喫茶店をやっていました。しょっちゅう室生には車で行っていて写真を見せていただいて本当に懐かしい想い出が甦りました^^
実際に寺の中は2・3度しか入っていないですが、彼の自宅が山の上にあり、冬雪が降るとたった30M坂を上がるのにチェーンを巻いた覚えがあります(笑) 今となっては懐かしいです^^ その当時は村の中に信号が二つしかなく一つは点滅信号でした(爆)
ゴールデンウィークに京都に帰ったら、久しぶりに行ってみようかな~

cyazさま。

こんばんは~^^

そうなんですか!!
御友人が住んでらしたのですか!
凄いですねー
結構な山奥ですよね。
でも、良い所でした。

信号・・・今はどうなんでしょうね~
あんまり変わってないかもしれませんね。

是非、GWに行ってみて下さいね★
実際に現地に行くと、余計に懐かしさが、
よみがえるでしょうね~

女人高野

何回か行ったことあります。
この前、この近くに「美人の湯」があると教えて頂いたはず、、、
どこだったか、忘れた、、、

猫姫さま。

『美人の湯』・・・
どっかの看板で見たような記憶が。
それ見て、入って帰りたい~って頭の片隅で
思いました。
あ~~
今度は、温泉も入って帰りたいな・・・

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

紫月 聖

  • Author:紫月 聖
  • ようこそいらっしゃいました★
    どうぞ、足跡をつけていって下さいね!
    ◎蟹座のA型◎

星占い

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。