★月下美人★

日々の出来事・社会問題・映画・サブカル・歴史・遺跡・などなど…様々なジャンルについて♪♪♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~この世には不思議なことなど何もない~ 『魍魎の匣』

魍魎の匣
観てから記事アップするのが、だいぶ遅くなりましたが、
大好きなシリーズです。

京極先生は、高校時代、友人と私、2、3人だけの間で流行りました。
丁度、デビューした時で、『姑獲鳥の夏』が発売された時にリアルで読み始めました。
それから結構読んでは、いるけれど、全てを揃える事は出来てないなぁ。
京極夏彦氏は大好きだけど、一番って訳でもないので、本好きの私は、
彼の作品だけに集中する事は出来ないのです。(基本、私は大正文学派なので)

と、話が逸れてしまいましたが・・・

実に面白かった~
キャストなど、いろいろ、ちょっと思うところはありますが、
まあ、その辺は、サブキャラに対してが多いので、目を瞑るとして。

カメラワーク的には、前作の姑獲鳥の方が好きなのですが(姑獲鳥が好き過ぎた)、
それでも、かなり見応え十分。
前作とは、ガラッと作り方を変えたとか言ってたはず。。
主要三人の掛け合いが面白くて面白くて(特に関口さん(椎名さんです)が)、最高ですね。

物語は、暗くて悲しくてやりきれないのですが、
何故か主要キャラ達が癒してくれるような感覚さえあります。
いや~実に面白い、ほんと。
事故後の加奈子のシーンは、どのように見せるのだろうかと興味津々でしたが・・・
凄かったとしか言えません。

この映画は、きっとTV画面で観ちゃうと、安っぽく見えるのかもしれないけど、
劇場で観ると、凄い迫力で、こりゃ観ないといけませんな。って感じ。

しかし、京極堂(堤さん)は、和服似合い過ぎでしょ

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

*** TRACKBACK ***

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

■『魍魎の匣』

□作品オフィシャルサイト 「魍魎の匣」  □監督・脚本 原田眞人 □原作 京極夏彦「魍魎の匣」 □キャスト 堤 真一、阿部 寛、椎名桔平、宮迫博之、田中麗奈、黒木 瞳、柄本 明、宮藤官九郎 ■鑑賞日 1月13日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5...
2008/02/17(日) 10:56:54 | 京の昼寝~♪
プロフィール

紫月 聖

  • Author:紫月 聖
  • ようこそいらっしゃいました★
    どうぞ、足跡をつけていって下さいね!
    ◎蟹座のA型◎

星占い

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。