★月下美人★

日々の出来事・社会問題・映画・サブカル・歴史・遺跡・などなど…様々なジャンルについて♪♪♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 『アフタースクール』

アフタースクール

ずっと気になってたまらなかった映画『アフタースクール』
を、観てきました~

めっちゃ面白かった!
これは、いろんな人に薦められる作品だと思います。

大どんでん返しとか、いろんなからくりがあって、
最後まで、練りに練られた構想なんだな~って感じで、
観てる私も、面白く作るな~と、感心しましたよ(って、何様?)。

あんまり言えないけど、佐々木さんが、一番可哀相と思ったのは、
私だけでしょうか?(笑)

テーマ:アフタースクール - ジャンル:映画

映画 『山のあなた ~徳市の恋~』

なんとなく、観てみたいな~と思って、行ってきました。
昔の作品と、全く同じに仕上げているという、不思議なリメイク映画ですよね。
山のあなた
全体的に、美しい作品でした。
まあ、特に山場的なものもなく、淡々と、ゆるやかに進んでいく感じで。

おかげで、一瞬寝てしまいました・・・

でも、凄い文学的な感じの雰囲気が漂っている映画でした。

うーん。
感想に困ってしまいますが。
観て損した感じはないです。
でも、好き嫌いわかれそうな感じだから、人に、はりきって薦める事は
出来ないかな~
単調なのが苦手な人には向かないかなあ。

けど、主演の草なぎ君は、凄い演技が上手だなって、思いました。
こういう作品には、凄い向いてるんだろうなって。

結構、ユニークさも交えた作品で、笑う場面もありましたよ。
あとは、ちょっと切ないかな。

そんな感じです。

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

映画 『神様のパズル』

神様のパズル
なんとなく気になってた映画なので、
ちょっと時間が出来たので観てきました。
マイナーな映画館でないのに、人の少なさに驚きつつ、私的にはラッキー

私、何も知らず観に行ったのですが。
実は、コメディ系やと思ってました。

違う違う!
確かに、コメディも入ってるのだけど、SF?
物理の話とかが中心で、意外と面白かったです。

でも、どう書けば良いのか、わからない映画です。
ストーリーが説明出来ないよ。
要は、地球を救う?笑

かな。

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

映画 『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)』

連赤
私は、まだ生まれていないはずの頃の、学生運動が凄い子供の頃から好き。
なんだろう、良くも悪くも、皆が、人生や生きる事、国家の事などに熱中しているからだと思う。
そういう意味で、超現代っ子(もう子ではないが)の私から見たら、もの凄く熱く、充実した
日々を送っているような気がしてならなかった。

そういう思いから、子供の頃から、左翼や右翼を、自分なりに勉強し、
そして、連合赤軍事件のマニアになりました。

連赤に関しては、『あさま山荘』の件が、有名かもしれませんが、
それまでが、いろいろあったのです。
あさま山荘は、単に、行き着いた先の出来事であり、目的ではないのです。

これらの件に関する有名な映画作品としては、
『光の雨』や『突撃せよ、あさま山荘』など、ありますが、
『突撃…』の方は問題外。
あれは、単純に権力側視点で、いかに権力側が頑張ったか、
を、自画自賛しているだけの駄作だと思っています。
『光の雨』は、作り方としては、悪くはないが、1人の視点からの
偏った見方を中心に、物語的ストーリーになりがちなので、悪くはないが良くもない。

今回の若松監督は、この連赤事件で同士だった遠山氏(坂井真紀演じる)と
親しかったようで、前半は彼女の視点というか彼女のストーリーが多かった。
後半はサクサクと進んでいっている感じはしたが(3時間20分もある映画なのに足りない)、
重要なおかしな総括が始まった、問題とすべき箇所など、きちんとポイントは押さえている事に、
私は、感動しました。

私は、熱心に連赤を研究していたので、細かい部分も全部頭に入っています。
だから、本当に道程を描いてくれている事に感動し、嬉しく思いました。

悲しい出来事ですが、彼らは、十分に戦った戦士だと私は思います。
ただ、方向性を間違ってしまっただけで・・・

この映画を見れば、全体像が見えます。
何故、あさま山荘に辿り着いてしまったのか。
知らない人、沢山います。
どうか、観て、感じて、彼らの熱い思いを受け取って下さい。
そして、私達に欠けているものは何か、わかるはずです。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

映画  『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』

1005726_01.jpg
第一弾を観た時は、これって、ちょっと指輪物語っぽいな~
なんて思いつつ、シリーズものなので、行ってきました。

以下ネタばれありかもなのですが・・・


まず、前回の白い魔女が、思わぬ形で登場し、私は笑えました。
しかも、出番がそれだけ・・・悲しい。
まー前回の魔女編は、魔女のくせに、最後は普通に戦ってしまってるし、
魔女でなく戦士だろっと、突っ込みいれたくなりますが。

今回は、王子の登場ですが、正直メインの割には、
たいした活躍もなく、というのが感想。
重要な役どころではなかった気がします。

それに、結局最後は、ライオンや木や水かよ。
ワンパターンって感じです。

あとは、兄妹の上2人が、今後はどういう形で登場するのか、
またはしないのかが、とても気になるところ。
大人になってしまったから、もうナルニア国には来れないのかなぁ。

でも、前作よりは、私は好きだし、面白く感じましたよ。

テーマ:ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛 - ジャンル:映画

『相棒』 劇場版

観てきましたよ!
『相棒~劇場版~』
相棒
いやあ~ほんっと最高でした。
よくTVの宣伝で『感動しました!泣きました!』なんてセリフを聞きますが、
大抵そんな事ない。

けど・・・

はい、ラストの方は、私かなり泣いちゃいました。

相変わらず世情に対してのシニカルな笑いもあり、
いつものコミカルさもあり、サプライズあり(それは内緒)。

原田龍二は、相変わらずのボケっぷりの役が最高だし愛おしい。
久々の、薫と伊丹コンビは嬉しい(元々は捜査のコンビだったんだよね)。
なんか、嬉しい事の盛り沢山で、かなりファンとしては幸せ。

勿論、話の内容も、ハラハラドキドキ。
いろんな展開もあるし、政治の裏事情的なものも満載。
いろんな重いテーマも含まれつつ、それでも、今回はとても悲しいけど、
スッキリして観れて良かった。

TVからの映画版ってアンフェアとかみたいに、
これって、わざわざ映画にする内容?
なんて思ったりする事が多い中、流石は『相棒』ですね。
素晴らしい出来でした。

やっぱ好きな作品ですわ~

テーマ:相棒 -劇場版- - ジャンル:映画

泣けた 『母べえ』

母べえ
いやあ、素敵な映画でした。
期待以上に、私は良かったと思う。
後半は泣きまくってしまいました。

出演者が、皆素敵でしたね。
役者の時の鶴瓶って、あんまり好きじゃないのだけど、
結構あちこちでこの鶴瓶は良かったと聞いてた通り、凄い和み系で良かった。
重い時代の中で、ほっとするひと時でした。

全体的の役者さんが良いのは、当然として、私が何より好んだのは、
父べえが、物書きであること。
私も、物書きを目指した時代もあり、いまだ文学をこよなく愛している私としては、
語り口が非常に文豪っぽくてうっとりします。
ラストなんて最高でしたね。

自分もきっとこの時代の人間だったら、特攻に捕まって終わるんだろうな~
なんて事を考えておりました。

テーマ:母べえ - ジャンル:映画

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
面白かった!
主人公が、むかついてむかついて、腹が立ってどうしようもないのだけど。
最後までむかつくのは変わりないし、演じてるサトエリには全く興味もなく、
正直、普段から演技が下手だと思っているのですが。。
一般的な評価は知りませんが、彼女は、こういう意地悪勘違い女をブラックコメディ
路線で、やっていけば良いのではないか?と感じました。
そういう意味では、彼女にピッタリの役ではないでしょうか。

脇をかためるのが、永瀬さん&永作さんで、とても良い感じで。
皆それぞれ面白いんです。
妹役が、私には一番ツボでしたけど。
でも、永作さんは、どんな役させても凄いですね。
凄い変人役でしたけど、この家族の中にいると、何故か癒される。
実はかなり怪しいのだけど、天使に見えましたもん。

ホラー漫画が登場して(それが、また私の愛読書『ホラーM』)、
ホラー漫画家の『呪みちる』も、登場。
ちょっと感激。

何がどう面白いっていうのは、なかなか語りにくい作品なのですが、
全体的にコッソリと笑えてしまう感じの作品なのです。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

『乱歩地獄』 

乱歩地獄
江戸川乱歩の原作を基に作られた映画『乱歩地獄』
私は乱歩は、小学生の時から大ファン。
おそらく、出回ってるものは、ほぼ全作読破しているはず。
大人になって、もっともっと乱歩が大好きになった。
子供の頃は、乱歩の世界観を全部わかるはずもなく・・・(わかってたら、結構問題ありなんだけど)
だけど、乱歩の作品って、いろいろなもの(映画や舞台)で作られているけど、
そちらは、そんなに拝見した事がない。
TVや映画で、ちょこちょこ観るくらいかな?

今回も、評判をチェックすると、イマイチな感じで、たいして期待せず観てました。
まぁ・・・
評判通りといいますか。
4作品作られていて、監督も違います。
まー頑張って乱歩の世界を、自分達の世界にしようとしてる感じでしょうか。
その二つの意識が交じり合い、良い科学反応とは逆になってしまった?
唯一、浅野さんだけ全作に登場しているのですが、何故?
その内、2作品では、明智役なのですが、浅野さんは明智ではない。
相反するところ狙いなのかな。
ソレナラワカル。
キヲテラッテル?

結構、そういう、脳内『ハテナ』が、飛び交う作品。
しかし、乱歩の作品の割には、いたって普通に感じる映画かしら。
乱歩は、もっとおかしいのですが。。

でも、まあ、これはこれで・・・

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

『幸福な食卓』

幸福な食卓
良い作品に出合いました。
これって、上映されてた時に気にはなっていたものの、気がつけば終わってしまってて。

ふと思い出したので、見てみました。
そしたら、なんとなんと。

記憶の渦に、埋もれさせなくて良かった。

独特の病んでいる家族のように見せかけて、実は、結構、今の現代人を投影しているのでは?
人間って、誰しも闇を抱えて生きているし、時には生きづらく感じる世の中だけど、
それらをあまり面に出さない事が多いと思うけれど、
この家族は、それぞれを出していて、それでなんとかやってる。
だけど、だいじな事は見失っていなくて、主人公を周りの人達が、温かく見守りながら、
支えていき、成長を見守ってる感じ。
そこが凄く良かった。

でも、悲しいシーンもあって、ずっと、ゆるりとした時間が流れるものだと思っていたので、
かなり号泣してしまいました。

忘れたものを気付かせてくれる作品でした。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

プロフィール

紫月 聖

  • Author:紫月 聖
  • ようこそいらっしゃいました★
    どうぞ、足跡をつけていって下さいね!
    ◎蟹座のA型◎

星占い

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。